03-5357-7693
営業時間:平日:午前10時~午後5時半
休日:土曜・日曜・祝日

法人破産

hasan-top04

「法人破産」のことならお任せを。「新しいスタート」へ繋ぐ弁護士です。
まずはお気軽に御連絡を。

03-5357-7693 / 問い合わせフォームへ

いずみ法律事務所 代表弁護士:小泉 始 (月曜~金曜 午前10時~午後5時30分)

「教えて!弁護士さんtv.」で、破産について取材をされました。

いずみ法律事務所/【新たなスタート】への3つのお約束

「法人破産」のことならお任せを。「新しいスタート」へ繋ぐ弁護士です。
まずはお気軽に御連絡を。

03-5357-7693 / 問い合わせフォームへ

いずみ法律事務所 代表弁護士:小泉 始 (月曜~金曜 午前10時~午後5時30分)
弁護士報酬プランについて
法人破産 個人破産
初回法律相談料・お見積もり 無料
(1)申立代理人の弁護士報酬 500,000円(税抜)~ 300,000円(税抜)(1名当たり)
(2)裁判費用等実費 50,000円(原則) 30,000円(1名当たり)
(3)管財予納金 200,000円~

法人破産にかかる費用には、大きく分けて(1)申立代理人の弁護士費用、(2)裁判費用等の実費、(3)管財予納金 の3つがあります。
(1)は、申立代理人となる弁護士の報酬です。
(2)は、裁判所に納める印紙代や郵券代、交通費や通信費等の実費で、(1)の報酬に属さないものです。※)金額は概算です。
(3)は、申立時に予納するものとされている現金で、破産管財人の報酬等に充てられるものです。東京地裁では、最低額が20万円とされています。
(1)(3)は破産手続の処理に必要な業務の質や量により変動します。詳細は弁護士にお問い合わせ下さい。

業務フロー(ご相談~実務遂行まで)

① 事務所での法律相談

ご予約頂いた日時に事務所にお越し頂き、お話を伺わせて頂きます。必要に応じて資料等をお持ち下さい。弁護士による法律相談(¥10000+消費税/回60分※但し、初回相談は無料です)を1~2回 した上で委託が必要な内容かどうかの判断をいたします。
*)委託の必要がない場合でも、今後の対処方針についてアドバイスをさせて頂きます。

② 処理方針・費用のご説明

弁護士費用のお見積りをさせて頂きます。案件処理方針、弁護士費用等について、ご理解、ご納得頂けた場合には正式にご依頼下さい。正式にご依頼頂いた場合には、当事務所と委任契約を締結させて頂くことになります。

③ 着手金+預かり金 お支払い

弁護士費用の着手金と経費分の預かり金をお支払いいただきます。(事前支払い費用はこれのみです) お支払い確認後、業務に着手します。
*)着手金を分割払いいただくことも可能です。
*)経費分の預かり金は事件終了後、清算処理を行い残額をご返却いたします。

④ 業務遂行

法人・個人破産業務にあたります。

⑤ 報酬金お支払いは不要

当事務所では、法人・個人破産業務に対する成功報酬金は原則としていただいておりません。

「法人破産」のことならお任せを。「新しいスタート」へ繋ぐ弁護士です。
まずはお気軽に御連絡を。

03-5357-7693 / 問い合わせフォームへ

いずみ法律事務所 代表弁護士:小泉 始 (月曜~金曜 午前10時~午後5時30分)
法人破産におけるメリット・デメリット

「法人破産」のことならお任せを。「新しいスタート」へ繋ぐ弁護士です。
まずはお気軽に御連絡を。

03-5357-7693 / 問い合わせフォームへ

いずみ法律事務所 代表弁護士:小泉 始 (月曜~金曜 午前10時~午後5時30分)
主な法人破産解決例

case1,ある機械部品製造会社の場合

社長が1週間後の支払いが困難であるとして相談に見えた事例で、会社の現金は30万円のみでした。従業員への給与の支払いもままならない中、私が大口の取引先と交渉し、在庫を通常よりも高値で買い取ってもらうなどして、破産手続きの申し立て費用などに充てました。従業員の方には私より事情を説明し、円満に退職してもらいました。社長の自宅も売却せざるをえませんでしたが、移転費用なども捻出しました。手続き終了後は息子さんと新たな事業を起こし、前の会社よりも大きくしようと頑張っていらっしゃいます。

case2,ある建築業を営む会社の場合

ネットにより顧客を集客して個人の住宅を設計、建築する会社でしたが、売り上げはあがっていたものの、納期に合わせるため下請け業者への発注に無理が生じ、赤字仕事も増えてしまったことが原因で、資金繰りが苦しくなりそうだったことから、社長が相談に見えました。建築業自体は従業員の方が新たに設立した会社に対価をもらって譲渡し、もともとの会社は破産しました。従業員は全員新会社に就職することができ、従業員の雇用を守ることができました。社長は別の事業を起こし、現在は海外との取引をするなどして頑張っていらっしゃいます。

case3,ある服飾品デザイン会社の場合

会社が立ち行かなくなってすでに3年程度経過しており、既に事業は停止していましたが、社長には債権者からの督促が止みませんでした。社長は友人から、新たに立ち上げる新事業を手伝ってほしいと頼まれましたが、昔の債権者からの督促もあり、友人の迷惑をかけてしまうことを避けるため、放置していた会社を整理することにしました。財務資料などすでに廃棄してしまったものもあり、破産申立てに必要な書類を完全に揃えることが難しかったのですが、わたしが当時の税理士さんなどに交渉して資料を探してもらうなどして、無事に破産手続きを申し立て、手続きも終了しました。社長は友人の会社ナンバー2として活躍されています。

「法人破産」のことならお任せを。「新しいスタート」へ繋ぐ弁護士です。
まずはお気軽に御連絡を。

03-5357-7693 / 問い合わせフォームへ

いずみ法律事務所 代表弁護士:小泉 始 (月曜~金曜 午前10時~午後5時30分)
担当弁護士ご挨拶
hasan-koizumi01

資本主義社会ではチャレンジしてビジネスを始める方がいないと制度が成り立ちません。チャレンジする人が一度のつまずきで退場しなければならないのではチャレンジする人がいなくなってしまい、新たなビジネスが生れません。一度のつまずきで退場しなければならなくなってしまわないように、<新しいスタート>へ進むことができる道が必要となります。その道を作るのが倒産手続です。毎日の資金繰りに追われ、自らに能力がないと自分を責めるという悪循環に陥った経営者の状況は非常に過酷で孤独な状態です。そのような状況では、経営者はその能力を最大限に発揮し、想いを実現することなど到底できません。
私はチャレンジする勇気と能力をもった経営者の方の力となりたい。一度のつまずきでその勇気と能力を活かすことができなくなってしまうのは非常にもったいないです。倒産は終わりではなく始まりです。<新しいスタート>に着く手助けをしたい、それが私の望みです。

アクセス
  • 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-1 東京136ビル3F
  • TEL:03-5357-7693
  • FAX:03-3359-5539
  • 営業時間:平日:午前10時~午後5時半
  • 休日:土曜・日曜・祝日
お問い合わせはこちら

当事務所からのお知らせ